日本初演!ミュージカル『ウェイトレス』基本情報※あらすじ・歌・キャスト・登場人物紹介

トニー賞ベストミュージカル部門にノミネート(2016)された「ウェイトレス」が、2021年3月高畑充希さん主演で日本初演を迎えます!

ミュージカル『ウェイトレス(Waitress)』は、2007年公開の同名映画「Waitress」(邦題「『ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた』)が基になった作品。映画はインディ系の地味な作りの作品ですがアメリカで公開後大ヒット。

その後製作されたミュージカルは、『ハミルトン』と同じ年にトニ―賞を競い、この年はハミルトンがほとんど賞を獲得したのですが(トニー賞11部門受賞)、ハミルトンと別の年だったらウェイトレスがトニー賞受賞していたのでは?と言われるほど高評価

ブロードウェイのオリジナル主演は、『ビューティフル(Beautiful)』でトニー賞ミュージカル主演女優賞受賞のジェシー・ミューラー。楽曲は「Love Song」(邦題「こんなハズじゃなかったラヴ・ソング)」でグラミー賞ノミネートのシンガー・ソングライター、サラ・バレリスです。

ミュージカル『ウェイトレス』はこんな作品
モラハラ夫、望まない妊娠、経済的貧困、産婦人科医とのW不倫、出産、自立・・・とシリアスで重いテーマをコミカルにテンポよく描いた作品。内容はラブコメというより社会派ドラマに属すると思いますが、1人の女性が不安を乗り越え幸せな未来に向かって一歩踏み出す姿を暖かく綴り、涙あり笑いありの作品に仕上がっています。観たあとは心があたたかくなるミュージカル。サラ・バレリスによる音楽が素敵です! 

基本情報

原作

映画「Waitress」(邦題「『ウェイトレス ~おいしい人生のつくりかた』)
監督・脚本:エイドリアン・シェリー

ミュージカル脚本/音楽・歌詞/振付/演出

脚本:ジェシー・ネルソン
音楽・歌詞:サラ・バレリス
オリジナルブロードウェイ振付:ロリン・ラッターロ
オリジナルブロードウェイ演出:ダイアン・パウルス

製作・主催:東宝/フジテレビジョン/キョードー東京

上演時間

約2時間30分(休憩含む)

日本上演時間は未定。確認後修正予定

公演スケジュール&劇場

2021年3月、日生劇場(東京)

作品評価

2016年トニー賞6部門ノミネート
ミュージカル作品賞、オリジナル楽曲賞(サラ・バレリス)、ミュージカル主演女優賞(ジェシー・ミューラー)、ミュージカル助演男優賞(クリストファー・フィッツジェラルド)

作品特徴

コメディ
(4.0)

シリアス
(3.0)

ミステリー
(1.0)

ラブ
(3.0)

子供向け
(1.0)

ダンス
(2.0)


物語の舞台:アメリカ南部の町

ミュージカル『ウェイトレス』あらすじ

アメリカ南部の片田舎の小さなダイナーで働くウェイトレス、ジェナ。独創的なパイ作りにかけて天才的な才能を持つ。しかし私生活では、嫉妬深い夫アールに支配され不幸な結婚生活を送っていた。アールは妻を独占せずにはいられない子供っぽい夫。しかも仕事をすぐにやめてしまう。

体調がすぐれないジェナは、同僚のベッキーとドーンからすすめられ妊娠検査薬でチェックする。検査結果は陽性だった。しかし愛情を持てない夫の子供を産むことに、ジェナは素直に喜べない。

ジェナが産婦人科を訪れると、担当医が若い男性医師ポマッターに代わっていた。ジェナは担当医に渡す予定だったパイをポマッターに渡す。

ある日、ダイナーの常連客のジョーから地元でパイ・コンテストが開催されることを教えてもらう。ジェナはコンテストの賞金を得て家を出て新たな人生を掴もうと考える。

産婦人科に通ううちに、ジェナとポマッターは深い関係になる。お互いに既婚と理解しながらの関係だった。

同僚のドーンの結婚パーティーに、アールが血相を変えてやってくる。ジェナがコンテスト出場費用に貯めておいた貯金が見つかってしまったのだ。ジェナは子供のための貯金と嘘をつくが、金はアールにとられてしまう。

そして産気づくジェナ。ジェナの選択は…?

登場人物&キャスト

ジェナ・ハンターソン: 高畑充希

自分の気持ちをパイのネーミングに託す、パイ作りの天才。支配欲の強い夫との生活に苦しんでいるのに、夫との子供を妊娠してしまう。パイ・コンテストに出場し、賞金で家を出て新しい生活をつかもうとする。

高畑充希(たかはた みつき)

生年月日 1991年12月14日
出生地 大阪府
身長 158 cm
血液型 AB型

小学生のころより舞台女優を志し、数々のオーディションを受けるも相次いで落選。2005年「山口百恵トリビュートミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使」の出演者オーディションで9621人の応募者の中から主演の座を射止める。『ピーターパン』、『奇跡の人』、『美男ですね』などで主演を務める。2020年『ミス・サイゴン』でキム役にキャスティングされていたが、感染症拡大の影響で公演中止となった。

ジム・ポマッター医師

ジェナの新しい担当医。既婚者で、ジェナとW不倫の関係になる。

アール・ハンターソン

ジェナの夫。嫉妬深くジェナを支配しようとする。

ベッキー

ジェナのダイナーの同僚。

ドーン

ジェナのダイナーの同僚。

ジョー

ダイナーのオーナー。ジェナを温かく見守る。

オギー

ドーンとブラインド・デートで出会い、彼女に付きまとう

カル

ジェナの上司

サラ・バレリスの魅力的な楽曲に彩られたミュージカル

ミュージカル『ウェイトレス』は、全曲の作詞、作曲をサラ・バレリスが担当。彼女の音楽がこの作品の大きな魅力の一つです。

名曲「She Used to Be Mine」~トニー賞のパフォーマンスより

2016年トニー賞での『ウェイトレス』のパフォーマンスから。

Waitress – 2016 Tony Performance

0:45~Opening Up
1:48~She Used to Be Mine

ミュージカル『ウェイトレス』はOpening Upのようなポップで可愛い曲が多いのですが、ぐっと胸に迫ってくる名曲「She Used to Be Mine」もあり、メリハリのある楽曲で彩られています。

きねちゃん

「She Used to Be Mine」は、完璧ではないけど愛しいかつての彼女(=自分)、彼女たちがいたから今のわたしがいる、色々合わさって絶品のパイみたいな自分が出来ている、とパイと人生を掛け自分を肯定する歌です。

動画のトニー賞パフォーマンスでは、「She Used to Be Mine」を、作詞作曲したサラ・バレリスが最初に少し歌い、ジェシー・ミューラーが歌い継いでいます。

ジェシー・ミューラーは初代ジェナ役。ミュージカル『ビューティフル(Beautiful』」でトニー賞ミュージカル主演女優賞を受賞した俳優です。

サラ・バレリスが『ビューティフル』の初日を観劇して、ジェシー・ミューラーのキャロルに感銘を受け、『ウェイトレス』のキャストに真っ先に決まったのがジェシー・ミューラーなのだとか。サラ・バレリス自身もジェナ役で『ウェイトレス』に出演しています。

サラ・バレリス

『ウェイトレス』全曲の作詞、作曲をしたサラ・バレリス(Sara Bareilles)は、1979年生まれ、2007メジャーデビューの女性シンガー・ソングライター。

デビュー曲の「Love Song(邦題:こんなハズじゃなかったラヴ・ソング」が2007年米ビルボードPop 100チャートで第1位、グラミー賞にノミネートされ注目を集めました。グラミー賞ノミネート歴は、『ウェイトレス』を含めると6度。

代表曲の「Love Song」は、テレビドラマ「glee/グリー」でも歌われているので、ミュージカル好きの方は、グリー・キャストによる「Love Song」を知っているかも?他に、ケイティ・ペリーが盗作したのではないかと話題にもなったサラ・バレリスの「Brave」もグリーで歌われています。

大ヒットとなった「Love Song」は、恋愛ソングかと思いきや、内容は「私はレコード会社の為にラブソングなんて書いてやんないよ!」という歌です。(ラブソングを作曲するよう強要してきたレーベルに対して作ったようです)

『ウェイトレス』の魅力的な楽曲の数々は、このような潔い曲を書けるサラ・バレリスだからこそ生まれたのでしょうね。

Sara Bareilles – Love Song

Sara Bareilles – Brave (Official Video)

サラ・バレリスは、2011年には日本公演のために初来日。公演後、東日本大震災の被災地東北を訪れ、1週間ボランティアで瓦礫撤去作業を行っています。

ボランティア参加時の動画

ミュージカル『ウェイトレス』曲一覧

ナンバー


タイトル
一幕
What’s Inside
ジェナ、アンサンブル
Opening Up ジェナ、ベッキー、ドーン、カル、アンサンブル
The Negative ベッキー、ドーン、ジェナ
What Baking Can Do ジェナ、アンサンブル
Club Knocked Up ノルマ、妊娠中の患者
Pomatter Pie バンド
When He Sees Me ドーン、カンパニー
It Only Takes a Taste ポマッター、ジェナ
You Will Still Be Mine アール、ジェナ
A Soft Place to Land ジェナ、ベッキー、ドーン
Never Ever Getting Rid of Me オギー、ドーン、アンサンブル
Bad Idea ジェナ、ポマッター、アンサンブル
二幕
I Didn’t Plan It
ベッキー
Bad Idea (Reprise) ジェナ、ポマッター、ベッキー、カル、ドーン、オギー、アンサンブル
You Matter to Me ポマッター、ジェナ
I Love You Like a Table オギー、ドーン、アンサンブル
Take It From an Old Man/Ma’am ジョー、アンサンブル
Dear Baby ジェナ
She Used to Be Mine ジェナ
Contraction Ballet ジェナ、アンサンブル
What’s Inside (Reprise) アンサンブル
Everything Changes ジェナ、ベッキー、ドーン、カンパニー
Opening Up (Finale) カンパニー


2016 Broadway Productionより

ミュージカル『ウェイトレス』サントラ 試聴可能アリ

Waitress (Original Broadway Cast Recording) 試聴可能

オリジナルキャストによるレコーディング


Waitress (Original Broadway Cast Recording)

収録曲はリンク先で確認可能

What’s Inside: Songs from Waitress by SARA BAREILLES

ミュージカルに先行して発売されたサラ・バレリスのアルバム。ミュージカル『ウェイトレス』の主な楽曲が収録されています。


What’s Inside: Songs from Waitress by SARA BAREILLES

収録曲
What’s Inside、Opening Up、 Door Number Three、When He Sees Me、Soft Place To Land、 Never Ever Getting Rid Of Me、 I Didn’t Plan It、Bad Idea、You Matter To Me、She Used To Be Mine、 Everything Changes、Lulu’s Pie Song

『ウェイトレス』原作映画


ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた [DVD]

チケット発売

未定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。