【無料あり】ヒッチコック映画『レベッカ』(1940)の動画配信一覧

ダフネ・デュ・モーリア原作「レベッカ」を映画化した、ヒッチコック監督の映画『レベッカ(Rebecca)』動画配信一覧です。

2020年Netflixでベン・ウィートリー監督によるリメイク版が世界独占配信となりましたが、リメイク版『レベッカ』を見てヒッチコック監督版の作品も見たくなった方もいるのではないでしょうか?

映画『レベッカ』リメイク版2020~あらすじと登場人物~Netflixで動画配信

ヒッチコック映画『レベッカ』(1940)の動画配信一覧

リメイク版がネットフリックスで配信されているのでヒッチコック版も併せて見られたらいいのですが😳
現状、ネットフリックスでは配信していません。

以下に動画配信しているサービスをまとめました。

動画配信サービス

サービス字幕吹替料金
U-NEXT〇 
見放題対象作品!※
x 31日間無料
月額1,990円(税抜)
Amazon Prime video
見放題対象作品!※
30日間無料
月額500円(税込)
TSUTAYA TV/DISCAS〇 
見放題対象作品!※
30日間無料
月額2,417円(税抜)
ビデオマーケット〇 
レンタル
入会月無料
月額500円~(税抜)


※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください🙇‍♀️

U-NEXTの31日間無料サービスはどんな感じ?

無料期間は31日

例えば4/6日に契約した場合、無料トライアル期間は5/7日です。

解約は簡単

解約方法はとても簡単!

公式サイトで、①メニュー → ②設定・サポート → ③契約内容の確認・変更と進み、ビデオ見放題サービスにある「解約はこちら」から。

無料期間中の解約にお金はかかりません。

注意点

無料トライアルはU-NEXTの利用が初めての人が対象

毎月1,200ポイント(新作映画2本分)もらえる

U-NEXTは、加入月に600ポイント(新作映画1本分)、その後は月初めに毎月1,200ポイントが自動的につきます。無料トライアル期間中も600ポイントもらえるので、他の動画配信サービスでは観られない新作映画も一緒にみちゃうのも良いですね。

※無料期間中に解約すれば、完全無料です

本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

あらすじ

アメリカの大富豪ヴァン・ホッパー夫人の付き人としてモンテカルロを訪れた若いヒロイン(名前は明らかにされていない)は、イギリス上流階級紳士のマキシムに出会う。

海難事故で前妻レベッカを亡くしたマキシムとヒロインは惹かれあい結婚。

身寄りがなく生涯孤独だったヒロインにようやく訪れた幸せだった。

しかし結婚後マキシムの豪邸「マンダレイの屋敷」で暮らし始めると、そこかしこにマキシムの前妻レベッカの影がつきまとう。

レベッカが生前過ごした部屋はきれいに整えられ、イニシャル「R」のはいった文房具などもそのままだ。

「美人で教養があり完璧」と誰もが絶賛するレベッカ。反対に平凡で取り得の無いヒロイン。

きわめつけは、マンダレイの屋敷で家政婦頭のダンヴァース夫人。かつてレベッカに仕えていたダンヴァース夫人は、レベッカを狂信的に崇拝しており、マキシムの後妻「わたし」をド・ウィンター夫人とは認めない。

そしてマンダレイに戻ってから、夫マキシムも時折様子がおかしい。

浜辺の小屋を気にするヒロインに怒りをぶつけるなど、時折激高する。

マキシムはまだレベッカを忘れられずに苦しんでいるのではないか?「わたし」は愛されていないのではないか?

マンダレイで精神的に追い詰められていくヒロイン…

引用:https://musical-tea.com/rebecca-movie2020/

きねちゃん

1940年に映画化『レベッカ』は、ヒッチコック監督初期の代表作。第13回アカデミー賞において、アカデミー賞最優秀作品賞・撮影賞(白黒部門)の2部門を獲得しました。 

ヒッチコック版『レベッカ』の登場人物&キャスト

キャスト表


登場人物説明キャスト
わたし(ヒロイン)主人公ジョーン・フォンテイン
マキシム・ド・ウィンターマンダレイを所有する上流階級の紳士ローレンス・オリヴィエ
ダンヴァース夫人家政婦頭。レベッカを崇めているジュディス・アンダーソン
フランク・クローリーマキシムの親友。マンダレイの管理人レジナルド・デニー
ベアトリス・レイシーマキシムの姉グラディス・クーパー
ジャイルズ・レイシーベアトリスの夫ナイジェル・ブルース
ベン海辺を放浪する男レオナルド・キャリー
ジャック・ファヴェルレベッカの従兄弟ジョージ・サンダース
ヴァン・ホッパー夫人アメリカの富豪フローレンス・ベイン
ドクター・ベイカー医師レオ・G・キャロル
ロバート召使フィリップ・ウィンター

ヒロインは『永遠の処女 』『ジェーン・エア』などのジョーン・フォンテイン

本作でヒロインを演じるジョーン・フォンテインは、イギリス人の両親の間に日本で生まれた女優。

『レベッカ』以前までは特に大きな注目を集めることはなかったのですが、ある晩餐会でハリウッドの大物プロデューサーデヴィッド・O・セルズニックと隣席になったことで一変。

このときセルズニックはフォンテインに『レベッカ』のオーディションを受けてみないかと持ちかけ、6カ月間にわたり数百人の女優が受けたオーディションに勝ち残り、フォンテインはヒロイン役を射止めます。22歳の誕生日直前のことでした。

映画『レベッカ』でフォンテインはアカデミー賞女優賞にノミネート。翌1941年にヒッチコック監督作品『断崖』で、アカデミー主演女優賞を受賞。

その他の代表作に『永遠の処女 』、『ジェーン・エア』、『Ivy』、『忘れじの面影』などがあります。

なお『風と伴に去りぬ』でメラニー・ハミルトン役のオリヴィア・デ・ハヴィランドは、ジョーン・フォンテインの姉。

マキシム役はイギリスの名優ローレンス・オリヴィエ

マキシム役のローレンス・オリヴィエは20世紀イギリスを代表する名優。シェイクスピア俳優としても知られます。

ハリウッド以前すでにブロードウェイやイギリスなどで活躍していましたが、1939年ハリウッドの初主演作 『嵐が丘』 でアカデミー賞主演男優賞に初ノミネート。翌年の『レベッカ』で2年連続アカデミー賞主演男優賞にノミネート。

1944年の『ヘンリィ五世』でアカデミー賞を逃しましたが、製作・監督・主演をこなしたオリヴィエには特別賞が与えられました。

1947年ナイト爵を授与。1948年、製作・監督・主演した『ハムレット』でアカデミー賞作品賞、主演男優賞、美術賞、衣装デザイン賞を受賞。その後も『リチャード三世』、『寄席芸人』、『オセロ』、『探偵スルース』、『マラソンマン』、『ブラジルから来た少年』でアカデミー賞ノミネート。

ローレンス・オリヴィエは三度結婚し、二度目の結婚相手が『風と伴に去りぬ』のスカーレット・オハラ等で有名なヴィヴィアン・リー。

ダンヴァース夫人はオーストリア出身の名優ジュディス・アンダーソン

ダンヴァース夫人を演じているのはオーストラリア出身のジュディス・アンダーソン。主に活躍したのは舞台で、特にシェイクスピアの『マクベス』におけるマクベス夫人の演技に高い評価を得ています。

テレビドラマ化した『マクベス』では2度マクベス夫人を演じ、そのどちらもプライムタイム・エミー賞主演女優賞。映画『レベッカ』ではアカデミー助演女優賞ノミネートされています。

きねちゃん

個人的に一番印象に残るのはダンヴァース夫人。『レベッカ』はミュージカル化もされているのですが、映画同様ミュージカルでも主役でないダンヴァース夫人が、タイトル曲「♪レベッカ」を歌い、やはり強烈な印象を残しています。
ミュージカル『レベッカ』あらすじ、見所、キャスト、ナンバーまとめ!

基本情報

タイトル:レベッカ
原題:Rebecca
公開:1940年、日本公開1951年
上映時間:130分
監督:アルフレッド・ヒッチコック
脚本:ロバート・E・シャーウッド、ジョーン・ハリソン
原案:フィリップ・マクドナルド、マイケル・ホーガン
製作:デヴィッド・O・セルズニック
原作:ダフネ・デュ・モーリア
音楽:フランツ・ワックスマン

『レベッカ』の「わたし」に近い?原作者はダフネ・デュ・モーリア

映画『レベッカ』の原作は、女性作家ダフネ・デュ・モーリアのゴシック・スリラー小説。


レベッカ (上) (新潮文庫)

ダフネ・デュ・モーリアの祖父はフランスから移住した高名な小説家で画家。父は「ピーター・パン」の作者J.M.バリーと親交があり1922年にはナイトにも叙せられた俳優。母は舞台女優と、芸術一家に育ちます。

ダフネ・デュ・モーリア自身は社交嫌いで静かさを好む人物だったようで、彼女の性格は内向的な『レベッカ』のヒロイン「わたし」に投影されています。

『レベッカ』は1938年刊行直後英米でベストセラーとなりました。

その他の著書に、「レベッカ」同様ヒッチコックによって映画化された「鳥」、また1952年・2017年に映画化された「レイチェル」などがあります。

ダフネ・デュ・モーリアは、1978年にはアメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞の巨匠賞を受賞。また「レベッカ」は2019年11月にBBCが発表した「100 most inspiring novels(最も刺激的な100の小説)」に選ばれました。

ヒッチコックの初期代表作

映画監督はサスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督。『レベッカ』は、イギリスで活躍していたヒッチコックの渡米1作目となり、第13回アカデミー賞において9部門でノミネート、作品賞、撮影賞(白黒部門)で受賞となりました。

華々しいハリウッドデビューとなった『レベッカ』の後、『サイコ』『めまい』『裏窓』など多くのヒット作を手掛けたヒッチコックでしたが、『レベッカ』の後はアカデミー賞は無縁。

5度のアカデミー賞監督賞にノミネートされながら、その名前が呼ばれることはありませんでした。

ちなみに、2012年のヒッチコック伝記映画『ヒッチコック(Hitchcock)』(監督:サーシャ・ガヴァシ)がアカデミー賞へノミネートされ、ついにヒッチコックの名前が呼ばれるのか?と期待されましたが、この時も残念ながら彼の名前が呼ばれることなく終わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。