映画『NINE』フル動画を視聴できる配信サービス&曲一覧

『NINE』は、イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニの『8 1/2』をミュージカルにした作品。

1982年に舞台化された後、リバイバル上演を重ね2009年に映画化されました。

きねちゃん

内容は、身も蓋もない言い方すると、いつまでも母親の幻想を追い求める、中身9歳の中年男性の話かな~と思います(笑)

NINEの作品評価もわかれるところですが、個人的には音楽がすごく良いし女性陣たちのゴージャスさが楽しくて、何度もみちゃう映画です。

監督は『CHICAGO(シカゴ)』のロブ・マーシャル。そして主人公グイドを演じたのはアカデミー主演男優賞を3回受賞しているダニエル・デイ=ルイス。

彼を愛する女性たちに、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ニコール・キッドマン、ケイト・ハドソン、ジュディ・デンチ、ソフィア・ローレンといった豪華女優陣に加え、ブラック・アイド・ピーズのメンバーでグラミー賞受賞歌手のファーギーも参加。

きねちゃん

ケイト・ハドソンの弾けっぷりと、ファーギーの迫力が最高です★

映画『NINE』動画配信サービス一覧

※2020年3月時点の情報です。最新の情報は各公式サイトで確認をしてくださいね。



サービス 字幕 吹替 料金
U-NEXT
見放題対象作品!※
x 31日間無料
月額1,990円(税抜)
Amazon Prime video 〇 
レンタル
x 30日間無料
月額500円(税込)
TSUTAYA TV/DISCAS △DVDレンタル 30日間無料
月額2,417円(税抜)
ビデオマーケット 入会月無料
月額500円~(税抜)

Netflix x 30日間無料
月額800円/1,200円/1,800円(税抜)
dTV 31日間無料
月額500円(税抜)
Hulu 14日間無料
月額933円(税抜)
FODプレミアム 1ヶ月間無料
月額888円(税抜)

無料トライアル期間を使って映画『NINE』をみられるのは、現在のところU-NEXTです。

※現在、2020年9月30日 23:59まで配信予定です。詳しくは公式サイトで確認をお願いします。

※無料期間中に解約すれば、完全無料です


U-NEXTの31日間無料サービスはどんな感じ?

無料期間は31日

例えば4/6日に契約した場合、無料トライアル期間は5/7日です。

解約は簡単

解約方法はとても簡単!

公式サイトで、①メニュー → ②設定・サポート → ③契約内容の確認・変更と進み、ビデオ見放題サービスにある「解約はこちら」から。

無料期間中の解約にお金はかかりません。

注意点

無料トライアルはU-NEXTの利用が初めての人が対象

毎月1,200ポイント(新作映画2本分)もらえる

U-NEXTは、加入月に600ポイント(新作映画1本分)、その後は月初めに毎月1,200ポイントが自動的につきます。無料トライアル期間中も600ポイントもらえるので、他の動画配信サービスでは観られない新作映画も一緒にみちゃうのも良いですね。

U-NEXTの無料トライアルを利用すると

  • 無料トライアル期間が31日と長い
  • ビデオ見放題サービス1,990円が31日間無料
  • 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上配信
  • 600ポイントもらえるので、見放題作品でなくても新作映画や漫画を買える
  • 解約が簡単

無料の見放題作品以外に、入会時にもらえる600ポイントで新作映画やレンタルも視聴できるのがU-NEXTのメリット!

ブルーレイと同じくらい画質が綺麗なフルHDなのでストレスなく視聴できますよ(一部4Kにも対応済み)

なお無料動画配信は期間が決まっているので、気になる作品がある方は見逃さないようにしてくださいね。

※無料期間中に解約すれば、完全無料です

作品紹介

映画『NINE』あらすじ

1964年イタリア。

グイド・コンティーニは有名なイタリアの映画監督。

新作映画「イタリア」の撮影を控えていた。

しかし構想が浮かばず脚本が書けない。

新作映画の記者会見で作品の内容を聞かれるが、答えようもなくはぐらかすグイド。

世間でも、彼の初期の作品は名作揃いだが、最近はいまいちという評判だった。

記者会見から逃れホテルに雲隠れするグイド。ホテルから妻に電話し泣きつくが、妻がグイドの元へ行こうかと尋ねると、喜びを伝えつつも妻にホテルの場所を言わない。

次に彼が電話をつないでもらったのは愛人カルラだった。人妻のカルラはグイドへの想いで頭がいっぱい。彼に会いにすぐにやってくる。

しかし、後から妻のルイザもやってきて、カルラを見つけてしまう。

妻のルイザはかつて彼の映画に出演した女優で、結婚後は引退し彼を献身的に支えてきた。

そのルイザから、グイドは別れを切り出される。

ルイザとカルラ、そして全く構想が浮かばない新作映画。

彼は精神的に追い詰められ9歳の時の自分に逃げ込む。

神学校に通っていたグイドは9歳の時、海辺にいる娼婦サラギーナに、愛を教えられ男を目覚めさせられた。

そのことを彼は教師と母親に叱責される。

母親からの拒否。

今は亡き母親は、彼にとって昔も今も大きな存在だった。

仕事が進まないまま彼は撮影所へ。主演女優のクラウディアがアイディアをくれるはずだと、プロデューサーからはっぱをかけられる。

しかし脚本が出来ていないことを知ったクラウディアは帰ろうとする。クラウディアを追うグイド。

彼にとってミューズであるクラウディアだが、クラウディアは「私をあなたの女神から降ろして」と伝える。

「あなたが描いている男は愛を知らない」とも。

グイドは現実と空想世界の女性たちを行き来し、追い詰められていく…

作品情報


タイトル NINE
原題 Nine
公開/国 2009年、アメリカ

映画出演キャスト


グイド・コンティーニ ダニエル・デイ=ルイス
カルラ ペネロペ・クルス
ルイザ マリオン・コティヤール
クラウディア・ジェンセン ニコール・キッドマン
リリー ジュディ・デンチ
ママ ソフィア・ローレン
ステファニー ケイト・ハドソン
サラギーナ ファーギー


スタッフ、製作


監督 ロブ・マーシャル
脚本 アンソニー・ミンゲラ、マイケル・トルキン
製作 ハーヴェイ・ワインスタイン、マーク・プラット、ジョン・デルーカ、ロブ・マーシャル
製作総指揮 ライアン・カバナー タッカー・トゥーリー ボブ・ワインスタイン ケリー・カーマイケル マイケル・ドライヤー
音楽 モーリー・イェストン
撮影 ディオン・ビーブ
美術 ジョン・マイヤー
振付 ジョン・デルーカ、ロブ・マーシャル
製作会社 レラティビティ・メディア、ルッカマー・プロダクションズ

映画『NINE』の曲

ナンバー一覧

『NINE』の作曲は、ミュージカル『タイタニック』、『ファントム』などのモーリー・イェストン氏。


英語タイトル 日本語タイトル
Overture Delle Donne オーバーチュア・デル・ドンネ
Guido’s Song グイドズ・ソング ダニエル・デイ・ルイス
A Call From the Vatican ア・コール・フロム・ザ・バチカン ペネロペ・クルス
Folies Bergère フォリー・ベルジェール ジュディ・デンチ
Be Italian ビー・イタリアン ファーギー
My Husband Makes Movies マイ・ハズバンド・メイクス・ムービーズ マリオン・コティヤール
Cinema Italiano シネマ・イタリアーノ ケイト・ハドソン
Guarda La Luna グアルダ・ラ・ルーナ ソフィア・ローレン
Unusual Way アンユージュアル・ウェイ ニコール・キッドマン
Take It All テイク・イット・オール マリオン・コティヤール
I Can’t Make This Movie アイ・キャント・メイク・ディス・ムーヴィー ダニエル・デイ・ルイス
Finale フィナーレ
Quando Quando Quando クアンド・クアンド・クアンド (ボーナス・トラック) ファーギー
Io Bacio…Tu Baci あなたも私もキスをする (ボーナス・トラック) ノイゼッツ
Cinema Italiano シネマ・イタリアーノ (ロン・フェアー・リミックス) (ボーナス・トラック) ケイト・ハドソン
Unusual Way アンユージュアル・ウェイ (ボーナス・トラック) グリフィス・フランク

サントラ


NINE

Blu-ray、DVD

NINE

Blu-ray

NINE [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

DVD


NINE スペシャル・エディション [DVD]

8 1/2 

NINEの元となった、フェデリコ・フェリーニ監督の作品。1963年アカデミー賞受賞。

8 1/2 普及版 [DVD]

魅せる女優さんたち

映画『NINE』は、男性グイド1人に対し数名の彼を愛する女性が登場し、それぞれ魅力的な音楽とダンスを披露します。

ルイザ(妻)/マリオン・コティヤール

献身的な良妻。

夫を支えつつも満たされていない想いを歌う「My Husband Makes Movies」。切なげで美しいメロディーが耳に残ります。

うってかわって、グイドへの激しい怒りを歌う「Take It All FULL」。最初の曲とのギャップに驚かされます。

カルラ(愛人)/ペネロペ・クルス

セクシーで甘えんぼうで可愛い女性。

グイドの妄想でカルラが踊る「A Call From The Vatican」は、セクシーさにドキドキ。

ステファニー(雑誌VOGUEの記者)/ケイト・ハドソン 

グイドを誘う記者。映画の予告編でも流れているポップな音楽にのせ、弾けたダンスシーン「Cinema Italiano」はチャーミングで圧巻。

サラギーナ(海辺の娼婦)/ファーギー

9歳のグイドに愛を目覚めさせた女性。砂を使った「Be Italian」のパフォーマンスの恰好よさといったら!

クラウディア(女優)/ニコール・キッドマン 

グイドの作品に欠かせないミューズ。グイドは彼女を求めるも、彼女は「彼がほんとうは愛を知らない」ことを知っている。

グイドとの関係について胸のうちを伝える「Unusual Way」は、男女問わずいろいろな歌手に歌われています。歌詞もメロディーもとても美しい曲。

リリー/ジュディ・デンチ 

グイドとは仕事仲間で良き友人。映画の衣装製作をしている。

フォリー・ベルジェールでのレビューショーシーン「Folies Bergere」が華やか。

ママ

グイドの母を演じるのは、インパクトのある女優たちの中でもひときわオーラを放つソフィアローレン。

彼女が歌う「Guarda La Luna」で、息子にとって母親が昔も今も非常に大きな存在であることがわかります。

映画『NINE』関連動画

予告編  シネマトゥデイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。