ミュージカル『エリザベート』おすすめの関連本

ミュージカル『エリザベート』に関連するおすすめの本をご紹介します。

SPONSORED LINK

歴史を扱ったミュージカルの楽しさは、その背景を知る資料の多さ!エリザベートやハプスブルク家にまつわる本も多く、観劇前後で楽しめます。

ミュージカル『エリザベート』おすすめ関連本

取り上げる本は、随時アップデートしていきます。

人物に関する本


タイトル 内容

エリーザベト―美しき皇妃の伝説〈上〉
エリーザベト―美しき皇妃の伝説〈下〉
ウィーン宮廷に嫁いでからの苦労と、エリザベート自身の奇行など、エリザベートを客観的かつとても丁寧に描かれている本。すいすい読みやすい本ではないかもしれませんが、当時の政治や歴史情勢も詳しく描かれた、ミュージカル『エリザベート』の理解を深めるのに役立つ一冊です。(上下巻あり)

ブリギッテ・ハーマン(著)
中村 康之(訳)


皇妃エリザベート:ハプスブルクの美神 (知の再発見双書)
雑誌のように写真やイラストがのっていて、とても読みやすい本です。内容はあまり深堀りしていませんが、入門書として良いです。

カトリーヌ クレマン(著)
塚本 哲也(監修)


フランツ・ヨーゼフ: ハプスブルク「最後」の皇帝 (河出文庫)
自死を遂げた息子ルドルフ、暗殺された妻エリザベート、銃殺刑にあった弟のマクシミリアン・・・とかく周りが派手なので、地味な印象を与えるフランツ・ヨーゼフ一世の伝記ともいえる一冊。ひたすら帝国の為に身を費やした皇帝の波乱万丈な人生を詳細に記しています。

江村 洋(著)


帝冠の恋 (徳間文庫)
エリザベートにとって怖い存在だったゾフィーの恋の物語です。ゾフィーがウィーン宮廷に嫁いできた当時、半ば囚人としてウィーン宮廷にいたナポレオンの息子、ライヒシュタット公。彼とゾフィーにはやがて恋仲の噂が広まります。この事実を元に作者が創作した小説で、ぐいぐい引き込まれます。個人的にはこの作品をベースにゾフィーのミュージカル作品を作って欲しい。

ウィーン宮廷に嫁いできたゾフィーの覚悟、宮廷にやってきてからのゾフィーの苦労を思うと、エリザベートになぜあそこまで厳しかったのか理解できるような気がします。

須賀 しのぶ(著)


皇帝銃殺: ハプスブルクの悲劇 メキシコ皇帝マクシミリアン一世伝 (河出文庫)

フランツ・ヨーゼフの弟、マクシミリアンについての本です。ミュージカルには、ほとんど出てこない人物(最後の「悪夢」で一瞬登場)ですが、もし余力があれば一読を。

ウィーンに自分の居場所がなく、兄のフランツ・ヨーゼフからは追い出されるように、そしてフランスのナポレオン3世の甘い言葉にのせられ、メキシコ皇帝となったマクシミリアン。しかしそこは彼がいるべき場所ではなかった・・・ミュージカル『エリザベート』を観ていると、エリザベートの息子ルドルフとマクシミリアンの悲劇に共通点を感じることがあります。

菊池 良生(著)

ハプスブルク家に関する本


タイトル 内容

ハプスブルク家 (講談社現代新書)
長い歴史のあるハプスブルク家をメリハリのある文章で、わかりやすくつづった本。フランツ・ヨーゼフ帝から帝国の崩壊までも、よくまとまっていて流れをつかみやすいです。ハプスブルク家の歴史を知りたいけれど、何を読んで良いかわからないという人に、個人的にかなりおすすめ。

江村 洋(著)

ハプスブルク家の女たち (講談社現代新書)

ハプスブルクの歴史を少し違った視点で読める本。ハプスブルク家の女性たちの話ですが、彼女たちを取り巻く歴史を中心に話がすすみます。もちろんゾフィーとシシィ、そしてシシィが仲を取りもった、フランツ・ヨーゼフの愛人カタリーナ・シュラットも出てきます。

江村 洋(著)


最期の日のマリー・アントワネット ハプスブルク家の連続悲劇 (講談社+α文庫)
ハプスブルク家の5大スターに起こった悲劇を綴った本。タイトルに「マリー・アントワネット」と入っていますが、主にエリザベートの夫、フランツ・ヨーゼフ一世に纏わる人々についての内容です。メキシコで銃殺されたフランツ・ヨーゼフ一世の弟マクシミリアン、マイヤーリンクで自死した息子のルドルフ、そしてレマン湖で殺された妻エリザベート。最後が、サラエボで殺され第一次世界大戦の引き金となった、フランツ・ヨーゼフ一世の甥のフランツ・フェルディナンド。フランツ・ヨーゼフ一世に次々と襲い掛かる不幸に思わず息をのむ一冊。

川島 ルミ子(著)

図説 ハプスブルク帝国 (ふくろうの本/世界の歴史)

ハプスブルク関連の本を読むときに、手元に置いておくと理解に役立つ本。ざっと歴史全体を把握するのにも良いです。

加藤雅彦(著)

ミュージカルに関連する本


タイトル 内容

『エリザベート』とクンツェ&リーヴァイの世界 2016 (HINODE MOOK 43)
『エリザベート』の舞台写真や出演者インタビュー記事を中心としたムック本。俳優さんたちが自分の役柄を掘り下げた記事がのっていて、読み応えあります。ウィーン版、宝塚版、東宝版との比較もあり内容が充実していて、個人的にかなりおすすめ。

2015年版と2016年版があり、もしこれから新しく買うなら2016年版を。

2016年版は、2015年版に新キャストの涼風真世さんと成河(ソンハ)さんのインタビュー、舞台写真、稽古場写真が加わったものです。


エリザベート 愛と死の輪舞 (角川文庫)
ミュージカルのストーリーをベースに舞台では表現されない細々としたセリフなどがのっていて、舞台前後で楽しめる本。

小池 修一郎(著)
ミヒャエル・クンツェ(原著)


エリザベートをたどる (アサヒオリジナル)
エリザベートゆかりのウィーンやシェーンブルン宮殿などの観光名所と、ミュージカルの歴代キャストインタビューを掲載した本。宝塚キャストさんのインタビューが多く、東宝版はトートの井上芳雄さんと城田優さんしか取り上げていないので、どちらかというと宝塚のエリザベートファンの方に向いているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。